いろいろな水素水の違い|健康維持に効果ある生ローヤルゼリー|これで寿命が延びる

健康維持に効果ある生ローヤルゼリー|これで寿命が延びる

いろいろな水素水の違い

ウーマン

そもそも水素水とは

健康に良いと言われる水素水は、酸素と反応しやすい水素が体内の悪玉の活性酸素を除去する働きがあることから注目されています。 この水素が含まれている水が水素水ということになるのですが、もともと水自体が水素と酸素が結びついたものなので、水素を含んでると言えなくもありません。したがって、水素水というのは水とは別に水素が単体で含まれている物だと考えてください。 この水素水も活性水素水や還元水素水などといった表記が見られますが、どんな違いがあってどれを選べば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。単刀直入に言うと両者に水素水としての効果の違いはありません。飲むことで体内に水素を取り込むという働きに関しては、還元水素水も活性水素水も同じということです。

違いは水素水の作り方

両者の違いは、簡単に言えば製造方法の違いです。 活性水素水の活性水素は、体内で有効に働く状態の水素原子、または水素イオンのことです。この水素成分だけを高い圧力で水の中に溶け込ませたものが「活性水素水」と言われるものです。有効な(活性化した)水素が含まれた飲料水だから活性水素水というわけです。 では、還元水素水の還元はどういう意味かというと、水素を一時的に別の物質と結び付けておいて、水に入れた時に起こる還元作用で水素成分を水に溶け込ませることから付けられたものです。一般的にはマグネシウムやカルシウムなどと結びついた粉末を水に溶かすことで簡単に還元水素水を作ることが出来るのですが、同時に還元物質であるマグネシウムやカルシウムも水に含まれてしまう点が活性酸素水との違いということになります。なお一般的にこれらの物質は健康にほとんど影響を与えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加